事例紹介

山林や傾斜地を相続しましたが、売れますか?

隣接地主が買うケースが多い
売却をする際には、まず基本的には、その土地を購入するメリットが高そうな人から優先して話を進めていきます。貸地なら借地権者、都心で一団の土地であればマンションデベロッパーや建売り業者となります。このケースでは、まずは隣接の土地所有者になります。実際、隣地地主が購入するケースが一番多いと思います。

隣接地主にとっては、その土地を取得することによって一団の土地になるので、ゴルフ場やリゾートホテル等何らかの形で活用を考えている人であれば、悪くない話だと思います。

ただし、測量をする際に、隣接地主との立会いや承諾が必要になるので、売却の話をする際は、その後の測量トラブルを招かないように十分注意しながら進めてください。

現実的には、山林や傾斜地等の広大な土地については、測量費用も多額になり、実際に売却する金額よりも測量費用の方が大きくなる場合も多く、現況のままでの売却も多いようですが、余計なトラブルを起こさないためにも、隣接地主とはできるだけ良い関係を保っておきましょう。

役所が無料で引き取ってくれるケースもある
隣接地主でも売却で十ばう場合は、一般の市場で売却先を探すしかありませんが、その前に役所に相談するようにお勧めします。維持管理費等がかかってきますので、役所が必ず引き取ってくれるわけではありませんが、事情によっては無料で引き取ってくれるケースもあるので、一度相談しておきましょう。

活用できない土地であれば、換金化よりも処分することを優先しましょう。所有することにこだわって何もせずに税金を払い続けるよりは、土地を処分することも活用の一つと考えてみてはいかがでしょう。

また、その土地にとっても、活用できる人に活用してもらった方が、本来のいわゆる不動産という資産になり望ましいでしょう。相続で代々引き継いできたとしても、その土地が活きることを第一に考えてください。