事例紹介

相続が発生したとき、賃貸借契約で注意すべきポイントは何ですか?

貸主側に相続が発生したとき
まずは、貸主側の問題から見ていきましょう。

貸主に相続が発生した場合は、相続人が特定され、貸主が明確になれば大きな問題はありませんが、家屋が共有になったり、相続人間でトラブル等がある場合は貸主が特定しません。単独の所有にすることをお勧めします。また、新しく契約書を差し替えるとともに、貸主の銀行口座も明記することが必要です。

借主側に相続が発生したとき
相続の問題は借主側にも発生します。

借主に相続が発生した場合は、必ず貸主に通知または連絡することを入居前に伝えておくことをお勧めします。

借主とのトラブルは、賃借人の代替わりに伴って、父、母、子供になると、特定されません。また、結婚して出て行った娘が離婚して帰ってきて、同居しているケースも見受けられます。

後々のトラブルを防ぐためには、必ず賃借人の氏名を契約書面に明記することが一番のポイントです。
賃料等についても、いつまで受領しているかを必ず書面で確認し、新しい貸主は何月分から受領するかも記載して確認してください。

貸主または借主が代わったら、必ず書面にて双方が確認することを忘れないでください。