事例紹介

相続の相談は、誰にすれば良いのでしょうか?

税理士
相続税の相談は、資産税に詳しい税理士に相談してください。
特に、相続に関することは、専門店な知識と経験を必要とします。経験が豊富で、年間の相談件数を多く手がけており、状況によってアドバイスをしてくれる税理士に相談しましょう。

資産の評価の仕方によっては、税金を多く支払ってしますケースもありますので、資産税に特化した税理士に相談することをお勧めします。

将来の相続税を心配されるのでしたら、家族関係、資産状況のすべてをお伝えし、試算してもらっておいたほうが良いでしょう。試算の結果によって、相続税対策を税理士と一緒に考えていく必要があります。親身になって相談にのってくれる税理士に相談してください。より良いアドバイスwこもらうためには、資産状況を包み隠さず伝えることが大切になります。

不動産鑑定士
不動産の評価に関してご心配でしたら、不動産鑑定士に相談してください。
広大地などは、評価方法によっては、税金が安くなるケースもあります。広大な土地をお持ちでしたら、不動産鑑定士に相談してください。

同族間の譲渡や売買時に、土地・建物の評価を鑑定書で出すことによって、購入者にも価格を理解してもらいやすくなります。

また、相続に伴い同族法人に贈与する場合や、遺産分割協議をスムーズに行わせる場合、あるいは遺留分減殺請求の際には、売買時価が必要になりますので、不動産鑑定士に依頼してください。

地代や家賃でもめている場合も、不動産鑑定士に賃料の鑑定を依頼して適正価格を出してもらうと良いでしょう。

不動産コンサルタント
不動産を売買する際の業務手順、賃貸借のトラブル、契約書の整備については、不動産コンサルタントに相談してください。
将来の相続を考えた場合、納税資金に備えて土地を整理しておくことや、賃貸借関係を整理しておくこと、契約書を整備していくこと、次の世代に問題を残さないためも、相続に詳しい不動産コンサルタントに相談することをお勧めします。

また、貸宅地や山林、複雑な土地を相続してしまった場合、もしくはそれらの土地を事前に整理しておきたいと考えた場合も、不動産コンサルタントに相談してください。借主や隣地とのトラブルも解決してくれることでしょう。

相続対策でマンションを建てるべきか、今持っている土地をどのように活用するべきかを悩まれた場合は、第三者的に見てもらったほうが良いでしょう。

道路付けや、駅からの距離、あるいは市況によっても、活用するべき方法が異なります。その土地に見合った活用法をアドバイスしてくれる不動産コンサルタントに相談してください。

土地家屋調査士
土地の境界確定、売却のための条件整備は、土地家屋調査士に相談してください。隣地との交渉能力の高い専門家に依頼することによって、売却や境界確定がスムーズにいきます。

測量費を見積もってもらう際には、必ずその目的を伝えてから見積もりを出してもらってください。その測量が、売却に必要なのか、申告に必要なのか、といった目的の違いによって、測量の仕方や費用が異なります。目的別にアドバイスしてくれる土地家屋調査士に相談してください。また、交渉能力の高さも、専門家を選ぶポイントです。

司法書士
不動産の名義を変更する場合や必要書類の収集など、相続税の遺産分割協議を依頼する場合は、司法書士に相談してください。
親族間で話し合いがうまくまとまらないときは、調停手続きに詳しい司法書士に話し合いに立ち会ってもらって、相談してください。


相続に関する問題を一人の専門家だけで解決できるケースは少ないといえます。複数の専門家がネットワークを組んで解決していることが多いのが実際です。
税理士、不動産鑑定士、不動産コンサルト、土地家屋調査士、司法書士など、それぞれの専門家ができる範囲に限りがありますので、相続に詳しい専門家を紹介してもらうのがよいでしょう。