貸宅地コンサルティング

「将来の相続に備えて貸宅地を売却したい」「相続が発生したが、物納処理は無理かな」「貸宅地は利回りが悪いので、権利関係を調整し、買い替えをしたい」

貸宅地は非常に収益性が低く、処分換金するにも難しく、投資効率の悪い資産です。また底地・借地の関係は相続を繰り返すことにより、権利が更に複雑化し、調整の難易度が高くなってしまいます。このような不良資産をいつでも処分できる優良資産に組替えることが権利調整の目的です。


電話によるお問合せは 0120-542-028

アックスコンサルティングの貸宅地サービスメニュー

  • 底地・借地の整理
  • 事業手法の検討・交渉
  • 借家人立退き交渉
  • 土地賃貸借条件のご相談及び交渉
  • 事業用不動産の買替え相談

コンサルティングの流れ

step1
調査
  • 都市計画調査
  • 相続の現状分析
  • 賃貸借契約内容の精査
  • 路線価、公示価格、売買事例調査
step2
シミュレーションによる分析
  • 権利関係の分析
  • 底地価格の算定
  • 借地権価格の算出
  • 適正賃料承諾料の算出
  • 物納財産としての条件整備
  • 等価交換方式による按分比率
  • ビル建築における収支予測
step3
企画提案書の提出
  • 調査、分析に基づき税理士、及び公認会計士との相互サポートにより作成致します。
  • 生前対策における企画提案書は将来の相続に備えてあらゆる方面にわたって調査確認を行い、必要条件の整備に役立てます。
step4
事業方式の決定
  • 貸宅地分譲
  • 借地権買取
  • 同時売却
  • 等価交換
  • 立体交換